ITコンサルティング・構築・開発・保守・教育までサポートする株式会社エイペクス

APEX NEWS Vol.40

◆―◇―◆―◇―◆―◇―◆
   APEX NEWS 
 2016 年 夏号 Vol.40
◇―◆―◇―◆―◇―◆―◇

平素よりお世話になっております。株式会社エイペクスでございます。

本メールは、弊社と保守契約を締結して頂いているユーザーの皆様へ、
保守サポートの一環として、パッチ情報を中心とした「ご案内」を
配信させて頂くものです。

※3か月に1度(春号:4月 夏号:7月 秋号:10月 冬号:1月)の定期的な配信を
予定しております。

より一層のサービス向上を目指し、弊社社員一同邁進してまいりますので、
これからもよろしくお願い致します。

※配信停止をご希望されるお客様は、末尾をご覧下さい。

※本メールは等幅フォントで最適化しております。

◆━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ PICKUP
    『情報もファイルもまとめて管理!SharePointとは?』

○ ITトレンド情報
    『Windows 10は次の大型アップデートでどう変わるのか 』 など    

○ 技術情報
    1. Microsoft 月例更新セキュリティ情報(4月~6月分)

    2.APEXセキュリティ情報

○ お知らせ
    お問い合わせ窓口に関するご案内
    DM配信スケジュール
    ご質問受付について
    次号配信予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

━━★PICKUP「情報もファイルもまとめて管理!SharePointとは?」★━━

先月、マイクロソフトにて開催させて頂きました「SharePoint活用セミナー」
につきましては、多くの方々にご参加頂く事ができ、大盛況のうちに終了しました。
お忙しい中ご来場くださり、誠にありがとうございました。

今回は、SharePointをあまり知らないという方に向けて、
その機能や利用方法を簡単にご紹介させて頂きます。

【SharePointとは】
SharePointとは、文書ファイルやお知らせの共有、タスクやスケジュール管理等、
グループでの作業に必要な機能をWebブラウザー上で提供するグループウェアです。

SharePointの特徴としては、「サイト」と呼ばれる「コンテンツの入れ物」を
組織の構造や用途に応じて用意し、その入れ物ごとにドキュメントや情報を
配置して管理します。そして、その「サイト」 ごとに適切な権限を設定することで、
必要な情報を必要な人に対して共有する事が出来ます。

例えば、このような構成を作成する事が可能です。

・会社全体で共有したいお知らせや申請書類のフォーマットなどを配置する「全社サイト」
・部署内で共有したいお知らせやドキュメント、営業資料などを配置する「部署サイト」
・取り扱い製品の情報や仕入先情報などをまとめた「製品サイト」

また、「サイト」ごとに「アプリ」と呼ばれる”機能”を追加し、カスタムすることで、
情報の分類やファイルの管理・共有に役立てる事が出来ます。

【SharePointの主な機能について】
SharePointの代表的な「アプリ」についてご紹介致します。

①お知らせ
連絡事項を共有・管理することが出来る「掲示板」機能です。
文字情報・URLリンク・添付ファイルをまとめて「お知らせ」として公開することができます。

②カスタムリスト
「住所録」や「電話帳」などのように、複数の属性(名前、郵便番号、県など…)を持つ
一連のデータをまとめ、管理/共有する事が出来る機能です。
また、「見せ方(ビュー)」の設定やフィルターを利用し、登録された情報から必要な情報を
素早く取り出す事も出来ます。

③ドキュメントライブラリ
ファイルの置き場となる機能です。
ファイルサーバーと同じようにフォルダーを作成したり、フォルダー/アイテム単位での
権限を設定する事ができます。

④予定表
カレンダー機能です。個々の予定を重ね合わせて使用するExchangeの予定表とは異なり、
社内や組織(部署など)が共有する予定の管理に使用します。たとえば社内イベントや、
システムのバックアップスケジュール設定の表示などに使用することが出来ます。

【利用方法】
SharePointは、大きく分けて2種類の方法で利用する事が出来ます。

●クラウド:SharePoint Online●
マイクロソフトが提供する以下のプランを契約する事で機能を利用する事が出来ます。

・「SharePoint Online」プラン1またはプラン2
・Office365「Business Essential」「Enterprise E1」以上

オンラインで利用できるため、サーバの調達に関する費用やサイジングが不要であること、
機能のアップデートが随時提供されることがメリットとなります。

●オンプレミス:SharePoint Server●
SharePoint Serverを物理サーバまたは仮想マシンにインストールし、構築する事で
機能を利用する事ができます。情報を社内で保管する事が出来ることや、クラウドと比べて
カスタム/開発/他システムとの連携がしやすいことがメリットとなります。

また、SharePoint Serverには「Standard」「Enterprise」「Foundation」の
3種類のエディションが存在します。企業の規模や、使用したい機能に応じて適したものを
選択する事が出来ます。

・「Standard」
SharePointの標準的な機能を提供するエディションです。
・「Enterprise」
Standardの機能に加え、データの収集/分析に役立つビジネスインテリジェンスに
特化した機能などが追加された高機能なエディションです。
・「Foundation」
Standard版と比べて使用できる機能に制限がありますが、無償で使用する事ができる
エディションです。(*SharePoint Server 2016からは廃止となりました。)

【まとめ】
SharePointは豊富な機能と自由度の高さを備えているため、バラバラに管理していた
情報や資料を、より使いやすく・分かり易く共有し、「グループ作業の効率アップ」を
実現することができる製品だと思います。
導入する際は「オンプレ/クラウドどちらにするか」や「どんな風に利用したいか」を
明確にし、業務に役立つシステムとなるよう計画をしましょう。

(もし「SharePoint Serverを使ってみたいけれど、サーバの構築が難しい」
「Onlineを使いたいけれど、サイトの構成やコンテンツの配置、権限設定等に不安がある」
という場合は、構築や運用のお手伝いについて弊社にご相談ください。)

ご感想・ご質問はこちら
 ─┬───────────
  └─→ helpdesk

━━★IT トレンド情報★━

1.Windows 10は次の大型アップデートでどう変わるのか
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1606/30/news050.html

2.データセンターの空調、高精度な予測で省エネ
http://eetimes.jp/ee/articles/1606/30/news044.html

3. ウインクで世界を切り取るウェアラブルカメラ「Blincam」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1606/30/news051.html

4.「AIBOに近しいロボットを」 ソニー、10年ぶりにロボット事業に参入
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1606/29/news134.html

━━★マイクロソフト セキュリティ情報★━━

 ~Microsoft 月例更新セキュリティ情報~(2016年 4月分)

  深刻度:緊急「6件」重要「7件」
詳細情報:https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms16-apr.aspx

 ~Microsoft 月例更新セキュリティ情報~(2016年 5月分)

  深刻度:緊急「8件」重要「8件」
詳細情報:https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms16-may.aspx

 ~Microsoft 月例更新セキュリティ情報~(2016年 6月分)

  深刻度:緊急「6件」重要「11件」
詳細情報: https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms16-jun.aspx

━━★APEX セキュリティ情報★━━

■初めに APEXセキュリティ情報とは
  APEXセキュリティ情報は、各セキュリティ情報や製品情報を
  弊社が特選し掲載をするものです。
  Microsoft社に限らず、重要だと判断した情報は展開しておりますので
  ご活用頂ければ幸いでございます。

  情報源は、JPCERT/CCを主としております。
  JPCERT/CC : http://www.jpcert.or.jp/

【1】 Apache Struts 2 の脆弱性

  ●概要
Apache Software Foundation が提供している Apache Struts 2 には脆弱性
(S2-037/CVE-2016-4438) が存在します。REST Plugin(RESTサービス実装用プラグイン)を
使用している場合、遠隔の攻撃者が、脆弱性を悪用するように細工した
HTTP リクエストを送信することで、Apache Struts 2 を使用するアプリケーション
(Struts アプリケーション) を実行しているサーバにおいて、任意のコードが実行される
可能性があります。

●対象バージョン
   - Apache Struts 2.3.20 から 2.3.28.1 まで

  ●対応策
Apache Software Foundation より、本脆弱性を修正したバージョンが公開
されています。十分なテストを実施の上、修正済みバージョンを適用すること
を強くお勧めします。

   - Apache Struts 2.3.29

  ●情報源
http://www.jpcert.or.jp/at/2016/at160027.html
    https://struts.apache.org/docs/s2-037.html
    https://struts.apache.org/docs/version-notes-2329.html

【2】Adobe Flash Player の脆弱性

  ●概要
Adobe Flash Player には、複数の脆弱性があります。
    第三者がこれらの脆弱性を使用し、細工したコンテンツをユーザーに開かせる事で
    Adobe Flash Player を不正終了させたり、任意のコードを実行させたりする
    可能性あります。

●対象バージョン
– Adobe Flash Player Desktop Runtime (21.0.0.242) およびそれ以前
(Internet Explorer, Mozilla Firefox, Safari など)
– Adobe Flash Player for Google Chrome (21.0.0.242) およびそれ以前
– Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (21.0.0.242) およびそれ以前
(Windows 10 および Windows 8.1)

  ●対応策
    Adobe Flash Player を以下の最新のバージョンに更新してください。

– Adobe Flash Player Desktop Runtime (22.0.0.192)
(Internet Explorer, Mozilla Firefox, Safari など)
– Adobe Flash Player for Google Chrome (22.0.0.192)
– Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (22.0.0.192)
(Windows 10 および Windows 8.1)

  ※Internet Explorer 11 や Microsoft Edge では、Windows Update などで最新の
Adobe Flash Player が更新プログラムとして提供されます。Google Chrome は、
Google Chrome のアップデート時に、Adobe Flash Player が更新されます。

  ●情報源
    http://www.jpcert.or.jp/at/2016/at160026.html
    https://technet.microsoft.com/library/security/MS16-083?f=255&MSPPError=-2147217396

【3】Oracle Java SEのアップデート

  ●概要
    Java SEJDKおよびJREには複数の脆弱性があります。
    第三者がJavaを不正終了させたり、任意のコードを実行する可能性があります。

●対象バージョン
   – Java SE JDK/JRE 8 Update 77 およびそれ以前

  ●対応策
    修正済みソフトウェアへのアップデートを行ってください。
– Java SE JDK/JRE 8 Update 91

※ 今回の Java SE JDK/JRE 8 Update について、クリティカルパッチアップデート (8u91) と
同時に、複数バグの累積パッチであるパッチセットアップデート (8u92) が公開されています。
8u92 には 8u91 の内容に加えて、脆弱性以外の修正も含まれていますので、必要に応じて適用を
検討してください

  ●情報源
    http://www.jpcert.or.jp/at/2016/at160018.html
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

【4】ImageMagick の脆弱性

  ●概要
    ImageMagick Studio LLC の ImageMagick には、脆弱性があります。
脆弱性を悪用するコンテンツを ImageMagick で開いた場合に、任意の OS コマンドが
実行される恐れがあります。

●対象バージョン
– ケータイキット for Movable Type
– 1.35 から 1.641 までのバージョン

  ●対応策
    ImageMagick を以下の最新のバージョンに更新してください。
– 6 系列 6.9.3-10
– 7 系列 7.0.1-1

  ●情報源
    http://www.jpcert.or.jp/at/2016/at160021.html
https://jvn.jp/vu/JVNVU92998929/

【5】ケータイキット for Movable Type の脆弱性

  ●概要
アイデアマンズ株式会社のケータイキット for Movable Type には、脆弱性があります。
該当製品が動作するサーバ上で任意の OS コマンドを実行される可能性があります。

●対象バージョン
– 6 系列 6.9.3-9 およびそれ以前
– 7 系列 7.0.1-0 およびそれ以前

  ●対応策
    ImageMagick を以下の最新のバージョンに更新してください。
– 6 系列 6.9.3-10
– 7 系列 7.0.1-1

  ●情報源
    http://www.jpcert.or.jp/at/2016/at160021.html
https://jvn.jp/vu/JVNVU92998929/

━━★お知らせ★━━

 ~お問い合わせ窓口に関するご案内~

  より良い保守サービスを皆様にお届けさせて頂く為に、
  可能な限り障害発生時の第一報を下記までご連絡下さいますよう、
  ご協力をお願い申し上げます。

 【連絡先】

電話番号: sales
※ 中部地区以外のお客様につきましては、保守メニュー
によって別の電話番号をご案内させて頂いている
場合がございますので、その場合は引き続き現状の
電話番号をご利用下さい。

メールアドレス(保守専用): helpdesk
※ 保守メニューによっては、個別のメールアドレスを
ご案内させて頂いている場合がございますので、
その場合は引き続き現状のメールアドレスをご利用下さい。

  より一層「お客様の為」のサービスとなるよう、
  保守環境の 整備を実施して参りますので、引き続きご愛顧の程、
  よろしくお願い申し上げます。

 ~DM配信スケジュール~
  3か月に1度(春号:4月 夏号:7月 秋号:10月 冬号:1月)配信予定

 ~ご質問受付について~
  今号でご紹介致しましたITトレンド情報及び技術情報、
  または弊社についてのご質問をお受けいたします。
  なお、ご質問内容に関しては、事前に公開可否をお伺いさせて頂きます
  ので、その旨予めご了承下さいますよう、よろしくお願いいたします。

  ご質問は下記までお願いいたします。

  ヘルプデスク : helpdesk

  ぜひお待ちしております。
  #回答は次号以降、順次させて頂く予定です。

 ~次号配信予定~
  2016年10月5日(水)

【編集後記】
じめじめとした雨の日が続いたり、いきなり刺すような日差しが続いたりと
梅雨はなにかと過ごしづらい季節ですよね。
また、晴れの日よりも手荷物が一つ増えることに煩わしさを感じる方も
少なくないのではと思います。しかしながら、あと2週間ほどでいよいよ
本格的な夏がやってきます。夏の過ごしにくさは四季の中でもダントツだと思いますが、
花火、海、旅行、キャンプに自由研究など、野外で楽しむ行事が充実した季節でも
あると思いますので、夏バテや夏風邪に気を付けながら夏を満喫していきたいですね。

では、次号も皆様へ笑顔をお届けできますように。

 ◆◇————————————-
  【文責】 APEX ソリューション推進部            
   APEX NEWS 編集者 石川                  
  —————————————◇◆

編集責任者: 石川 智景
発行責任者: 新開 康彦

内容のお問い合わせについて、また本メールの配信停止については
お手数ですが、下記までご連絡をお願い致します。

株式会社エイペクス
ソリューション推進部
TEL : sales
Email : helpdesk

これまでのAPEX NEWSはこちら
─┬─────────────
 └─→ http://www.kk-apex.co.jp/contents/support/news

———————————————————————-
Copyright(C) 2016 APEX co.,ltd.
———————————————————————-