ITコンサルティング・構築・開発・保守・教育までサポートする株式会社エイペクス

APEX NEWS Vol.55

◆―◇―◆―◇―◆―◇―◆
   APEX NEWS 
 2020 年 夏号 Vol.55
◇―◆―◇―◆―◇―◆―◇
平素よりお世話になっております。株式会社エイペクスでございます。
本メールは、弊社と保守契約を締結して頂いているユーザーの皆様へ、
保守サポートの一環として、パッチ情報を中心とした「ご案内」を
配信させて頂くものです。
※3か月に1度(春号:4月 夏号:7月 秋号:10月 冬号:1月)の定期的な配信を
予定しております。
より一層のサービス向上を目指し、弊社社員一同邁進してまいりますので、
これからもよろしくお願いいたします。
※配信停止をご希望されるお客様は、末尾をご覧下さい。
※本メールは等幅フォントで最適化しております。

◆━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ PICKUP
    「APEX 2020年度4月入社 新入社員自己紹介」
○ ITトレンド情報
    Microsoft Teamsに自動議事録作成機能など、
    大規模アップデート など 
○ 技術情報
    1. Microsoft 月例更新セキュリティ情報(2020年4月~6月分)
    2.APEXセキュリティ情報
○ お知らせ
    お問い合わせ窓口に関するご案内
    DM配信スケジュール
    ご質問受付について
    次号配信予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

━━★PICKUP「APEX 2020年度4月入社 新入社員自己紹介」★━━

最近お電話いただいた方や、ご来社くださった方はご存知かと
存じますが、今年度4月より事務職として新しく1名の社員が
入社いたしました。

業務の習得が早く、入社から3ヶ月ほどですが早くも社内の
一戦力として活躍してくれております。

至らない点も多々あるかと存じますが、社員で一丸となり、
より良いサービスのご提供のために尽力させていただきますので、
今後ともよろしくお願い申し上げます。

————————————————————-

はじめまして。
4月より事務職としてソリューション推進部配属となりました、
小島 不二子(こじま ふじこ)と申します。
この場をお借りして自己紹介をさせていただきます。

【自分の性格】
好奇心があり、マイペースな性格です。
自分が興味を持ったものには、色々と挑戦したくなります。
これを仕事にも活かし、たくさん学んでいきたいと思います。

【趣味】
趣味は、旅行です。
国内海外問わず様々なところに行っています。
「ここ行ってみたい」「これやってみたい」
「これ食べたい」と思えば、すぐに行ってしまいます。
国内では、おいしい海鮮が食べたいと思い日帰りで北海道に行ったり、
景色が良い場所でセグウェイに乗りたいと思い沖縄の宮古島へ行くなどしました。
また、海外ですとアメリカのグランドキャニオンやディズニーワールド、
オーストラリアのグレートバリアリーフなどにも行きました。
そのほかにも、おすすめしたい旅行先がたくさんあります。
また時間を見つけてお出かけしたいと思っています。

もう一つの趣味は、寝ることです。
休日は、1日の半分を寝て過ごす時もあります。
寝てしまうと意識がないので幸せを感じないと
言われたことがありますが、布団に入った時や起きて布団の中で
ごろごろしている時は、とても幸せな気持ちになります。
また、睡眠不足だと免疫力が低下し、体調を崩してしまうので
睡眠は大事だと思い、日頃から7時間は取るようにしています。

【入社前のPC利用頻度や利用目的】
仕事でExcel、ワードを使用していた他、
プライベートではネットショッピングや動画鑑賞で使用する程度です。

【入社してどのようにしていきたいか】
ただ仕事をするだけでなく、どんな業務でも効率良く行えるよう工夫し、
事務職として周りの方を支え、頼られる存在になれるよう
日々頑張っていきたいと考えています。

以上で自己紹介を終わります。
今後ともよろしくお願いいたします。

————————————————————-

ご感想・ご質問はこちら
 ─┬───────────
  └─→ helpdesk

━━★IT トレンド情報★━
1. Microsoft Teamsに自動議事録作成機能など、大規模アップデート
 Microsoftは7月8日(現地時間)、コラボレーションツール「Teams」に
 今後追加する予定の新機能を発表した。
 今回Microsoftが発表した機能のなかでもっとも注目を集めているのは
 「Together Mode」、「Dynamic View」と呼ばれる機能だ。
 https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1264311.html

2. Flash Playerが使えなくなるまであと半年。Adobeは全ユーザーにアンインストールを推奨
 Adobeは、Flash Playerのサポートを半年後の2020年12月31日を
 もって終了する。
 更新と提供も停止するため、サポート終了前に同アプリを
 アンインストールすることを推奨している。
 https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1260421.html

3. LINE、自分へのメッセージを保存する「Keepメモ」 備忘録やメモ帳に
 LINEは7月8日、メッセージアプリ「LINE」で、ユーザーが自分専用の
 トークルームを使ってテキストや画像などを保存できる「Keepメモ」
 機能を追加した。
 送った内容はLINE内のクラウドストレージにも保存される。
 メモ帳や備忘録としての利用を見込む。
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2007/08/news105.html
 
4. ゲーム「ぷよぷよ」のソースコードを活用したプログラミング学習教材–無料で利用可能
 セガとアシアルは、アシアルのプログラミング学習環境「Monaca
 Education」において、セガが展開しているアクションパズルゲーム 
 「ぷよぷよ」のソースコードを使ってプログラミングを学習できる
 教材コンテンツ「ぷよぷよプログラミング」の提供を、6月26日から開始。
 無料で利用可能となっている。
 https://japan.cnet.com/article/35155952/

5. 「東京ゲームショウ2020」オンライン開催が正式決定
 コンピューターエンターテインメント協会は、9月23日~27日、
 「東京ゲームショウ2020 オンライン」(TGS2020 ONLINE)を開催する。
 リアルイベントを中止する方針は明らかにされていたが、
 オンラインイベントになることが正式に決まった。
 https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1261479.html

━━★マイクロソフト セキュリティ情報★━━
 ~Microsoft 月例更新セキュリティ情報~(2020年 4月分)
  深刻度:緊急「7件」重要「3件」
  詳細情報:https://msrc-blog.microsoft.com/2020/04/14/202004-security-updates/

 ~Microsoft 月例更新セキュリティ情報~(2020年 5月分)
  深刻度:緊急「7件」重要「4件」
  詳細情報:https://msrc-blog.microsoft.com/2020/05/12/202005-security-updates/

 ~Microsoft 月例更新セキュリティ情報~(2020年 6月分)
  深刻度:緊急「7件」重要「4件」
  詳細情報:https://msrc-blog.microsoft.com/2020/06/09/202006-security-updates/

━━★APEX セキュリティ情報★━━
■はじめに APEXセキュリティ情報とは
  APEXセキュリティ情報は、各セキュリティ情報や製品情報を
  弊社が特選し掲載をするものです。
  Microsoft社に限らず、重要だと判断した情報は展開しておりますので
  ご活用頂ければ幸いでございます。

  情報源は、JPCERT/CCを主としております。
  JPCERT/CC : https://www.jpcert.or.jp/

【1】Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB20-30) に関する注意喚起

●概要
  アドビから Adobe Flash Player に関する脆弱性の情報
  (APSB20-30) が公開されました。
  脆弱性を悪用したコンテンツをユーザが開いた場合、
  第三者によって、実行中のユーザ権限で任意のコードが
  実行される恐れがあります。
  脆弱性の詳細については、アドビの情報を確認してください。

  アドビシステムズ株式会社
  Security Bulletin for Adobe Flash Player | APSB20-30
  https://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb20-30.html

●対象
  対象となる製品とバージョンは次のとおりです。

  - Adobe Flash Player Desktop Runtime (32.0.0.371) およびそれ以前
   (Windows, macOS および Linux)
  - Adobe Flash Player for Google Chrome (32.0.0.371) およびそれ以前
   (Windows, macOS, Linux および Chrome OS)
  - Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11
   (32.0.0.330) およびそれ以前 (Windows 10 および Windows 8.1)

  お使いの Adobe Flash Player のバージョンは、次のページで確認できます。

  Flash Player ヘルプ
  https://helpx.adobe.com/jp/flash-player.html

●対策
  Adobe Flash Player を次の最新のバージョンに更新してください。

  - Adobe Flash Player Desktop Runtime (32.0.0.387) (Windows, macOS および
   Linux)
  - Adobe Flash Player for Google Chrome (32.0.0.387) (Windows, macOS, Linux
   および Chrome OS)
  - Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11
   (32.0.0.387) (Windows 10 および Windows 8.1)

  Adobe Flash Player ダウンロード
  https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

  ブラウザに同梱されているなど、アドビ以外の配布元より
  提供される場合には、配布元からの情報に注意してください。
  なお、次の製品については、アドビ以外の配布元より
  Adobe Flash Player のアップデートが提供されます。

  - Microsoft Windows 10
  - Microsoft Windows 8.1
  - Google Chrome

  マイクロソフト社からは、Windows Update などで最新の Adobe Flash Playerが
  更新プログラムとして提供されます。

  ADV200010 | 2020 年 6 月の Adobe Flash のセキュリティ更新プログラム
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/ADV200010

  なお、ブラウザ以外にも Microsoft Office のように、
  Adobe Flash Player を使用するソフトウエアがあります。
  ブラウザにて Adobe Flash Player を使用していない場合などでも、
  アップデートを行ってください。

●回避策
  アップデートを適用するまでの間は、脆弱性の影響を軽減するため、
  次に記載する回避策を参考に、Flash を無効にしたり、Flash を
  使用したコンテンツの表示を制限したりすることも検討してください。
  なお、回避策を適用することで、一部アプリケーションが動作しなくなる
  などの不具合が発生する可能性があります。
  回避策の適用については、十分に影響範囲を考慮の上、行ってください。

  - 信頼できない Flash コンテンツを表示しない
  ブラウザ上で Flash を無効に設定してください。または、Click-to-Play 機能を
  有効にしてください。
  Microsoft Office では保護モードを有効とすることで影響を回避することが
  できます。

●情報源
  Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB20-30) に関する注意喚起
  https://www.jpcert.or.jp/at/2020/at200025.html

【2】2020年6月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起

●概要
  マイクロソフトから 2020年6月のセキュリティ更新プログラムが公開されました。
  本情報には、深刻度が「緊急」のセキュリティ更新プログラムが含まれています。
  脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードが実行される
  などの可能性があります。

  脆弱性の詳細は、次の URL を参照してください。

  2020 年 6 月のセキュリティ更新プログラム
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/releasenotedetail/2020-Jun

  [修正された脆弱性 (深刻度「緊急」のセキュリティ更新プログラムを含む)]
  ※ サポート技術情報 (Microsoft Knowledge Base, KB) は、深刻度「緊急」のものを
   挙げています。

  ADV200010
  2020 年 6 月の Adobe Flash のセキュリティ更新プログラム
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/ADV200010
  - KB4561600

  CVE-2020-1073
  スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1073
  - KB4560960, KB4561602, KB4561608, KB4561616, KB4561621, KB4561649

  CVE-2020-1181
  Microsoft SharePoint Server のリモートでコードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1181
  - KB4484391, KB4484400, KB4484402, KB4484409

  CVE-2020-1213
  VBScript のリモートでコードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1213
  - KB4557957, KB4560960, KB4561602, KB4561603, KB4561608, KB4561616
  KB4561621, KB4561643, KB4561649, KB4561666

  CVE-2020-1216
  VBScript のリモートでコードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1216
  - KB4557957, KB4560960, KB4561602, KB4561603, KB4561608, KB4561616
  KB4561621, KB4561643, KB4561649, KB4561666

  CVE-2020-1219
  Microsoft ブラウザーのメモリ破損の脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1219
  - KB4557957, KB4560960, KB4561602, KB4561603, KB4561608, KB4561616
  KB4561621, KB4561643, KB4561649, KB4561666

  CVE-2020-1248
  GDI+ のリモート コードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1248
  - KB4560960

  CVE-2020-1260
  VBScript のリモートでコードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1260
  - KB4560960, KB4561602, KB4561603, KB4561608, KB4561616, KB4561621
  KB4561643, KB4561649, KB4561666

  CVE-2020-1281
  Windows OLE のリモートでコードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1281
  - KB4557957, KB4560960, KB4561602, KB4561608, KB4561612, KB4561616
  KB4561621, KB4561643, KB4561645, KB4561649, KB4561666, KB4561669
  KB4561670, KB4561673, KB4561674

  CVE-2020-1286
  Windows Shell のリモートでコードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1286
  - KB4557957, KB4560960, KB4561602, KB4561608, KB4561621

  CVE-2020-1299
  LNK のリモートでコードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1299
  - KB4557957, KB4560960, KB4561602, KB4561608, KB4561612, KB4561616
  KB4561621, KB4561643, KB4561649, KB4561666, KB4561669, KB4561673
  KB4561674

  CVE-2020-1300
  Windows のリモートでコードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1300
  - KB4557957, KB4560960, KB4561602, KB4561608, KB4561612, KB4561616
  KB4561621, KB4561643, KB4561645, KB4561649, KB4561666, KB4561669
  KB4561670, KB4561673, KB4561674

●対策
  Microsoft Update、もしくは Windows Update などを用いて、
  セキュリティ更新プログラムを早急に適用してください。

  Microsoft Update Catalog
  https://www.catalog.update.microsoft.com/

  Windows Update: FAQ
  https://support.microsoft.com/ja-JP/help/12373/windows-update-faq

●情報源
  2020年6月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起
  https://www.jpcert.or.jp/at/2020/at200026.html

【3】Microsoft Windows Codecs Library の脆弱性 (CVE-2020-1425, CVE-2020-1457) に関する注意喚起

●概要
  2020年6月30日 (米国時間)、マイクロソフトから Microsoft Windows
  Codecs Libraryの脆弱性 (CVE-2020-1425, CVE-2020-1457) に関する
  情報が公開されました。
  本脆弱性には、深刻度が「緊急」のセキュリティ更新プログラムが含まれています。
  脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードが
  実行されるなどのおそれがあります。

  脆弱性の詳細は、次の URL を参照してください。

  マイクロソフト株式会社
  CVE-2020-1425 | Microsoft Windows Codecs Library のリモートでコードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1425

  マイクロソフト株式会社
  CVE-2020-1457 | Microsoft Windows Codecs Library のリモートでコードが実行される脆弱性
  https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-1457

●対象
  対象となる製品およびバージョンは次のとおりです。

  - Windows 10 Version 1709 for 32-bit Systems
  - Windows 10 Version 1709 for ARM64-based Systems
  - Windows 10 Version 1709 for x64-based Systems
  - Windows 10 Version 1803 for 32-bit Systems
  - Windows 10 Version 1803 for ARM64-based Systems
  - Windows 10 Version 1803 for x64-based Systems
  - Windows 10 Version 1809 for 32-bit Systems
  - Windows 10 Version 1809 for ARM64-based Systems
  - Windows 10 Version 1809 for x64-based Systems
  - Windows 10 Version 1903 for 32-bit Systems
  - Windows 10 Version 1903 for ARM64-based Systems
  - Windows 10 Version 1903 for x64-based Systems
  - Windows 10 Version 1909 for 32-bit Systems
  - Windows 10 Version 1909 for ARM64-based Systems
  - Windows 10 Version 1909 for x64-based Systems
  - Windows 10 Version 2004 for 32-bit Systems
  - Windows 10 Version 2004 for ARM64-based Systems
  - Windows 10 Version 2004 for x64-based Systems
  - Windows Server 2019
  - Windows Server 2019 (Server Core installation)
  - Windows Server, version 1709 (Server Core Installation)
  - Windows Server, version 1803 (Server Core Installation)
  - Windows Server, version 1903 (Server Core installation)
  - Windows Server, version 1909 (Server Core installation)
  - Windows Server, version 2004 (Server Core installation)

●対策
  Microsoft Store を通じて自動的にアップデートが実施されます。
  なお、すぐに更新情報を受け取りたい場合は、Microsoft Store アプリより
  確認が可能とのことです。

  マイクロソフト株式会社
  Microsoft Store でアプリやゲームの更新プログラムを入手する
  https://support.microsoft.com/ja-JP/help/4026259/microsoft-store-get-updates-for-apps-and-games

●情報源
  Microsoft Windows Codecs Library の脆弱性 (CVE-2020-1425, CVE-2020-1457) に関する注意喚起
  https://www.jpcert.or.jp/at/2020/at200027.html

━━★お知らせ★━━

~お問い合わせ窓口に関するご案内~

  より良い保守サービスを皆様にお届けさせて頂く為に、
  可能な限り障害発生時の第一報を下記までご連絡下さいますよう、
  ご協力をお願い申し上げます。

【連絡先】

  電話番号: sales
   ※ 中部地区以外のお客様につきましては、保守メニュー
     によって別の電話番号をご案内させて頂いている
     場合がございますので、その場合は引き続き現状の
     電話番号をご利用下さい。
  メールアドレス(保守専用): helpdesk
   ※ 保守メニューによっては、個別のメールアドレスを
     ご案内させて頂いている場合がございますので、
     その場合は引き続き現状のメールアドレスをご利用下さい。

  より一層「お客様の為」のサービスとなるよう、
  保守環境の 整備を実施して参りますので、引き続きご愛顧の程、
  よろしくお願い申し上げます。

~DM配信スケジュール~
  3か月に1度(春号:4月 夏号:7月 秋号:10月 冬号:1月)配信予定

~ご質問受付について~
  今号でご紹介いたしましたITトレンド情報及び技術情報、
  または弊社についてのご質問をお受けいたします。
  なお、ご質問内容に関しては、事前に公開可否をお伺いさせて頂きます
  ので、その旨予めご了承下さいますよう、よろしくお願いいたします。

  ご質問は下記までお願いいたします。

  ヘルプデスク : helpdesk

  ぜひお待ちしております。
  #回答は次号以降、順次させて頂く予定です。

~次号配信予定~
  2020年10月14日(水)

【編集後記】
  梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

  こうも雨が続くとついつい引きこもりがちになってしまいますが、
  私は運動不足防止のために毎日筋トレを行ったり、地下鉄やアパートでは
  なるべく階段を使って移動したりなどを心がけるようにしています。

  COVID-19の影響で、休日は雨でなくともまだまだ外出しづらい日々が
  続いておりますが、落ち着いてきたらまた愛用のロードバイクで
  サイクリングを思う存分楽しみたいと思っております。

  これから梅雨明けとともに暑さが本格化いたしますので、
  皆様も体調にはくれぐれもお気をつけてくださいませ。

 ◆◇————————————-
  【文責】 APEX ソリューション推進部            
       APEX NEWS 編集者 加茂                 
  —————————————◇◆

編集責任者: 加茂 玲那斗
発行責任者: 新開 康彦

内容のお問い合わせについて、また本メールの配信停止については
お手数ですが、下記までご連絡をお願い致します。

株式会社エイペクス
ソリューション推進部
TEL : sales
Email : helpdesk
これまでのAPEX NEWSはこちら
─┬─────────────
 └─→ http://www.kk-apex.co.jp/contents/support/news
———————————————————————-
Copyright(C) 2020 APEX co.,ltd.
———————————————————————-